「疑惑の判定」と言われた試合、その始まり 鬼塚勝也が背負った十字架の由縁

oniduka2.JPG

WBA世界ジニア・バンタム級タイトルマッチ、王座決定戦

当時、1位だった鬼塚勝也と2位のタイのタノムサク・シスボーベ―という選手での、空位となっていた王座の決定戦です。

実は、この試合をやる時には既に鬼塚選手は、網膜剥離を患っていたとの事でしたね。
日本チャンピオンになった時に発症したらしきでしたが、チャンピオンになりたい為には、病を隠しながらでなければ現役を続けられなかったのでしょう。

それまで当方は、鬼塚選手の試合など視た事もなかったですから、対戦相手が強かったのか、コンディションが決して良くなかったのか、或いは目の不調によるものなのか、そこまで目が肥えてなかったですからよく解らなかったのですが。






それにしてもで、ボクシングブームの火種となった試合とも言える、鬼塚勝也vsタノムサク・シスボーベ―のその第1戦です。

この記事へのコメント