打たせずに打つ! 井上尚弥の強さのルーツ

モンスター井上尚弥

WBA・IBF統一バンタム級世界チャンピオン。日本ボクシング史上最高傑作と称された日本ボクシング界の至宝です。
その井上尚弥選手が強さを備えるのに多いな基礎となったのが、父の教えである「打たせずに打つ」の論理。

井上尚弥 父の教え.JPG

ボクシングは打たれちゃダメなんです、という先駆者達の名言は何度か聞いたことがあります。
ダメージの少ない状態で相手を攻め込み、そして倒す。

6歳の幼少から父に師事してトレーニングを重ねてきて、小学6年生で初めての試合で2歳上の中学2年生に勝ってしまった事からビクトリーロードが始まります。






そんな、家族ぐるみの親子で揃って成功街道を走る、井上尚弥の強さのルーツに迫ります。






ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント