羽生結弦 オリンピック連覇 仙台祝賀パレード 前編

羽生結弦 選手が平昌オリンピックにて金メダルを獲得し、連覇を果たした事を記念して、お祝いの地元仙台の祝賀パレードの模様の前編です。 確か、足の怪我が完治していなかったはずと記憶しています。 その人柄と努力を欠かさない、そう簡単には真似できない次元を超越した競技と演技で魅了したオリンピック連覇を大勢のファンと共に祝いま…

続きを読むread more

WBA世界J・バンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也vsタノムサク・シスボーベ― 疑惑の判定を晴らす再戦の行方

中盤を経て、打ち合いはお互いに壮絶になり、乱打戦気味になって行く。 地味に目立たない感じに視えて、細かくタノムサクのパンチが鬼塚に当たる。それで、鬼塚の顔が次第に腫れていく。 9R終了時には、ゴングの直後に、どうしても勝ちたいタノムサクのパンチが鬼塚に当たり、減点1を取られる。 明らかに挑戦者に焦りが視えてくる…

続きを読むread more

鬼塚 vs タノムサク 第2戦 因縁の再戦 リズミカルなアウトボクシングを展開する

疑惑の判定と言われた王座決定戦。その試合の因縁の再戦。 開始早々に前に出てボディーブローを打ち込んだ鬼塚勝也チャンピオン。 先制攻撃を仕掛ける事からリズムを引き込もうというのは王道なやり方でしょう。 この試合では終始リズミカルに動いてポンポンとリズミカルにパンチを繰り出します。 決して、倒せる様な決め手に…

続きを読むread more

鬼塚勝也 疑惑を晴らす勝者の証明をするリターンマッチ 序盤

元・WBA世界J・バンタム級チャンピオン、鬼塚勝也 氏。 そのチャンピオンとしての認知のされ方は、一縷の疑問と疑惑が沸き起こり、当人としても不本意な部分もあったのではないでしょうか・・・。 同じ相手、タイのタノムサク・シスボーベ―との再戦、これは因縁の再戦とも言われ、リターンマッチで白黒ハッキリつけよう!というもので…

続きを読むread more

ウサインボルト 最後の疾走! 敗れ終幕を迎える

アスリートなら誰しもが迎える最後の時、引退の時は、どんなスーパースターもいずれ必ず迎えてしまう。 100Mのスプリントスター、ウサインボルトも世界陸上のその場で終焉を迎えました。 ジャマイカの絶対王者。誰が挑んでもそう易々とは勝てない選手です。 絶対的カリスマ性のある魅力的なスターが、永遠に歳をとらなきゃいいの…

続きを読むread more

ウサインボルトのラストラン その準決勝

100Mスプリントの絶対王者、ウサイン・ボルト選手の現役最後の試合。 世界陸上の準決勝の場面です。 短距離走では30歳という年齢は、限界といえる年齢なのか・・・。 知る由も無いですが、しかし、惜しいな・・・と思える選手の勇姿。もっと視たかったです。 誰と戦っても、誰と並んで走っても、負ける気がしなかった、勝つ印象…

続きを読むread more

ウサインボルトのラストラン 準決勝出場の前レース ケンブリッジ、サニブラウン参戦

いつの世も、永遠に続くヒーローは居ない。いつの日か、その終焉を迎える時が来てしまうもの。 100Mのスプリンターのスター、ジャマイカのウサインボルトもその一人。 現役最後の舞台、世界陸上の舞台が来てしまいました。 いつまでもその勇姿を視ていたい・・・と思うのはスポーツファンのわがままなのでしょう・・・。 その…

続きを読むread more

ウサインボルト、最後の100M 疾走 予選6組

ふと思うのですが、自分があまり普段、強い興味の無いジャンルのスポーツのスターの存在を知るのって、だいぶ遅かったり、全盛期過ぎだったり、引退まで間もなくの時期だったりすることが多いです。 ウサインボルトの存在を知った時も、例外ではありません。 知った時、ジャマイカってそんなに短距離走の強い国だったのかな・・・と思いまし…

続きを読むread more

井岡一翔 引退会見で・・・

元・WBA世界フライ級チャンピオン、3階級制覇の王者、井岡一翔 選手の引退会見を視て思う・・・。 それにしても、勿体無い・・・としか思えなかった。 一部では、結婚したからだ!と、その奥さんを批判するネット上の論評などもありましたが。 又、女が出来て弱くなる選手、モチベーションを落としてしまう選手自身が悪いのだ・・・…

続きを読むread more

鬼塚勝也が勝利!しかし、敗者の様にうなだれる・・・

WBA世界J・バンタム級タイトルマッチ、王座決定戦。 12R戦いきった鬼塚選手は、疲れ切ったかの様に、放心状態の様な感じでコーナーで採点を待つ。 勝ちを確信して自信にみなぎっている様な様とは正反対の様な様子。 微妙な判定になるのはTVを視ていても、会場にいるお客も皆、思っていた事でしょう。 そして、判定結果が…

続きを読むread more

鬼塚勝也vsタノムサク、王座決定戦後半、後手後手を挽回してくれ!

WBA世界ジュニア・バンタム級王座決定戦、その後半戦。 鬼塚勝也選手の手数はあまり変わらず、なかなか積極的に先手を打って手が出ない。 一方で、スタミナに難がある、1位のタイのタノムサク選手。 後半戦に入って、目に負っている負傷を若干無理してでももう少し前に出ていたら、もうちょっと楽な試合運びになっていたのかもしれな…

続きを読むread more

中田英寿スゴ技ショートカット集

当方は、印象のあるサッカー選手は?と問われたら、中田英寿選手を挙げます。 カズさんや他の選手ではなく、中田英寿さんですね。 そのプレイや才能が、他の選手とは一線を画した様な技を繰り出す選手と、多くの先輩プレーヤーが評した選手だと記憶しますが、当方は、代表戦以外ではあまり記憶にないのです。 だから、敢えて今更、どんなプレ…

続きを読むread more

WBA世界Jバンタム級王座決定戦の前半 鬼塚よりもタノムサクの方がパンチが重い・・・

素人目にも、視ていて判るのですが、鬼塚よりも、タノムサク選手の方が、打ち合った時のパンチが重いのです。 しばしばコーナーに追い詰められる鬼塚選手。 そこで、2発3発とパンチを繰り出すタノムサクですが、1発1発のパンチが鬼塚選手よりも芯があって重いのです。 打たれても、タノムサクのパンチはクリーンヒットと思えるパンチ…

続きを読むread more

内山高志 引退表明を振り返る

WBAのスーパーフェザー級の元チャンピオン、内山高志 氏の引退表明。 これも、かなり寂しいものでした。 内山選手といえば、試合をやれば必ず勝つ、それも、必ずというほどKOで勝ってくれる、豪快で面白い試合を魅せてくれる、そういう期待を持てる頼もしい選手でした。 引退の時、それは、いつか必ず訪れてしまう時ですが、試合を…

続きを読むread more