TOPアスリートを支えるユニフォームの秘密

東京オリンピックを華々しく活躍したトップアスリート達。 その活躍を奮い立たせる、実力を発揮させる武器の一つがユニフォームでしょう。 卓球女子日本代表の伊藤美誠選手。1年延期になった事が、逆に「~良い事しか無い~」と言う。 利き腕である右腕の筋肉の盛り上がりがスゲエ!としか言いようがない感じです。 卓球の動き、あの…

続きを読むread more

ウサインボルトのラストラン その準決勝

100Mスプリントの絶対王者、ウサイン・ボルト選手の現役最後の試合。 世界陸上の準決勝の場面です。 短距離走では30歳という年齢は、限界といえる年齢なのか・・・。 知る由も無いですが、しかし、惜しいな・・・と思える選手の勇姿。もっと視たかったです。 誰と戦っても、誰と並んで走っても、負ける気がしなかった、勝つ印象…

続きを読むread more

メキシコの英雄 精密機械 リカルド・ロペスというボクサー

このリカルド・ロペスというボクサーの事を知っているだろうか? 勿論、ボクシングファンならば、誰もが知っている様な超有名で、超強かった選手です。 ボクシング王国・メキシコが生んだ英雄的ボクサーです。 とにかく、誰が挑戦しようと勝てない様な、鉄壁の強さを誇ります。 プロ・アマ通して1度も負けた事無く引退した選手で、防…

続きを読むread more

魔娑斗vsプアカーオ K-1史上に残る伝説の試合

2007年10月。 K-1ミドル級全盛時代のスター選手だった魔娑斗は、過去に敗北しているタイ国のプアカーオ選手と再戦した。 当時、K-1ミドル級において、このタイのプアカーオ選手が最強だと誰もが認識していた選手で、魔娑斗選手はどうしても雪辱したかったでしょう。 1ラウンドに綺麗な右ストレートで絶対王者と言われたプア…

続きを読むread more

池江璃花子 アジア大会ジャカルタ6冠達成の瞬間!

これでまだ18歳です。凄すぎる。 アジア大会、ジャカルタでの競泳競技での偉大な名場面。池江璃花子 選手、6冠達成の瞬間です。 高校生の制服姿を視ると、逆にそれが少し違和感を醸し出すくらいしっかりしている感もあります。 東京オリンピックに向けて弾みを付けた、50M自由形での勝利の瞬間、素直に嬉しさを表現する姿はや…

続きを読むread more

新庄BIGBOSS コストコで爆買い

新庄監督、・・・じゃない、新庄BIGBOSS。 日ハムの監督になって、1年目は流石に結果が出なかった新庄氏ですが、その新庄氏をも浜田雅功がコストコでの爆買いで慰労します。 新庄氏はコストコでの爆買いでは200万までOK!というスタッフからの嘘だかホントだかのフレコミらしき・・・。 それにしても、新庄氏の食べ物の好き…

続きを読むread more

ウサインボルト最後の疾走!で敗れる

アスリートなら誰しもが迎える最後の時、引退の時は、どんなスーパースターもいずれ必ず迎えてしまう。 100Mのスプリントスター、ウサインボルトも世界陸上のその場で終焉を迎えました。 ジャマイカの絶対王者。誰が挑んでもそう易々とは勝てない選手です。 絶対的カリスマ性のある魅力的なスターが、永遠に歳をとらなきゃいいの…

続きを読むread more

羽生結弦 被災地・熊本への御見舞の思い 2016

羽生結弦が、熊本地震の被災地への御見舞の思いをスケート演技に乗せてお送りします。 熊本の大地震の後、そのお見舞いとご供養の思いを自身のフィギュアスケートの演技に乗せてお送りします。 画面を通じて一人でも多くの方々へ、その思いが通じる事を切に願います。 復興への道はそう短くは無いですが、一つ一つの積み重ねてで1日でも…

続きを読むread more

師弟関係エピソード・サッカー&ボクシング編

スポーツの世界には、当然の事ながら選手とコーチの関係というのがありますね。 教わる方と教える側。選手と先生、トレーナー、コーチ、監督などの関係がありますが、日々のトレーニングの中で起こる様々な出来事にも泣き笑いありのエピソードが隠れています。 女子サッカー、なでしこジャパンの元日本代表の丸山桂里奈選手にもエピソードが…

続きを読むread more

最も万能な?スポーツを決める決定ゲーム!

最強スポーツ統一戦。最も強い?万能な?スポーツを決める、スポーツゲームの数々・・・。 幾多の競技の選手達が様々な競技ゲームを勝ち抜いてチャンピオンを決める決定戦。 普段の試合放送では視る事の出来ない場面を見届ける事が出来ます。こんな機会は滅多にありません。 野球選手やラグビーの選手は、たった10Mの超短距離走で…

続きを読むread more

羽生結弦 選手の目力

誰もを魅了するフィギュアスケート・羽生結弦 選手のその演技力。 そして、それはここ最近、羽生選手のある部分に際立って鮮明に現れていると言います。 羽生結弦の視線、その目力。 するどく真っ直ぐに目標を見通そうとする目が怖いほどに精悍で一筋です。 目で演技するというから、つまり、単なる1スポーツマン、1スケーター…

続きを読むread more

マラソン・鈴木亜由子 選手の素顔

マラソン選手というのはなかなか素の状態、素の表情を取り上げられる事ってあまり無い事かと思われます。 陸上選手だと、引退された大迫傑選手や、例えば青学の様に駅伝で常勝軍団として知名度が上がるとしばしばマスメディアに採り上げられる事はあろうとも、フルマラソンの選手となると、そう度々露出度が上がるものでもなかろうと思います。 …

続きを読むread more

全日本フィギュア2020女子フリー優勝 紀平梨花

紀平梨花 選手。 日本女子フィギュア界にこの人あり!という選手です。 浅田真央選手の引退後、女子フィギュアの試合を観戦するのに、今後、誰を楽しみに観れば良いのだろう・・・と思ったものの、やはりスター選手というのは生まれ出て来るものなんですね。 紀平選手の特徴は、何と言ってもその堅実堅牢な、ミスはしないだろう・・…

続きを読むread more

メッシのキックターゲット再挑戦!自宅訪問がスゴイ!

サッカーの申し子、神の子メッシがキックターゲットに挑むが・・・。 次々に進むに連れて、あれ?・・・と思い始めてくる。 そぅ、失敗が増えてくるのである。 スーパースターとは思えない結末。 そのお詫びにと、メッシが自宅に招いてくれた、その自宅がスゴイ。なんと言うか、キックターゲットよりこっちの方がスゴイ。 …

続きを読むread more

武田鉄矢x鬼塚勝也 対談

鬼塚勝也氏の現役引退後、間もなくの時の場面。 WBA世界ジュニア・バンタム級チャンピオンの座から降りた、引退直後の鬼塚氏と俳優・武田鉄矢氏との対談。 元・チャンピオンとは言え、引退後、数ヶ月程度の対して期間がまだ空いていない頃の鬼塚氏の話なので、ボクシングの現場感が強い話は、生々しくスリリングな感覚や気配が濃く感じら…

続きを読むread more

井岡一翔 引退会見で・・・

元・WBA世界フライ級チャンピオン、3階級制覇の王者、井岡一翔 選手の引退会見を視て思う・・・。 それにしても、勿体無い・・・としか思えなかった。 一部では、結婚したからだ!と、その奥さんを批判するネット上の論評などもありましたが。 又、女が出来て弱くなる選手、モチベーションを落としてしまう選手自身が悪いのだ・・・…

続きを読むread more