鬼塚勝也vsタノムサク・シスボーベ― 疑惑の判定を晴らす再戦の行方

鬼塚vsタノムサク

中盤を経て、打ち合いはお互いに壮絶になり、乱打戦気味になって行く。

地味に目立たない感じに視えて、細かくタノムサクのパンチが鬼塚に当たる。それで、鬼塚の顔が次第に腫れていく。

9R終了時には、ゴングの直後に、どうしても勝ちたいタノムサクのパンチが鬼塚に当たり、減点1を取られる。

明らかに挑戦者に焦りが視えてくる。






とにかく勝ちたい、とにかく倒したいタノムサクが次第に攻勢に出てくる、WBA世界J・バンタム級タイトルマッチ、鬼塚勝也vsタノムサク・シスボーベ―の、因縁の再戦、終盤です。







ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント